オカザえもん十番勝負!!第4弾・第5弾

去る2月1日(土)・2日(日)に行った、オカザえもん十番勝負!!第4弾・第5弾。

怒涛の二日間連続勝負の様子をお伝えします!!

 

 

第4弾のゲスト・村田峰紀さんは、自らの身体を酷使し、言語化できない身体感覚を鑑賞者に示すことで強いインパクトを与えるゲリラ的なパフォーマンスや、その結果として産み出されるインスタレーションを発表しているアーティストです。

 

この日、舞台に白いYシャツに灰色のズボンと裸足、という出で立ちで登場した村田さん。背中を観客に向け、ズボンのポケットからおもむろにクレヨンを次々取り出しては、その手を背中に回してものすごい勢いで絵を描いていきます。

 

「背中で語る」というこのパフォーマンス。今回はオカザえもんとのコラボレーションということで、途中でオカザえもんが登場し舞台上で互いに向き合う形で、時に目を合わせたり動きを合わせるなど干渉しあいながらパフォーマンスが進みました。

パフォーマンス後には、出来上がった作品を持って村田さんとオカザえもんが再登場し、岡崎の印象や今回のパフォーマンスについてお話しました。

 

 

翌日の第5弾では、岡崎出身のレーシングドライバー・中嶋一貴さんと中嶋大祐さん御兄弟をゲストにお招きし、一貴さんの後援会の会員で岡崎市内にてアパレルショップを運営しているトップジミー・鈴木さんに司会をしていただきました。

 

私達が普段良く耳にする「F1(エフワン)」は、「フォーミュラ・ワン」と呼ばれる世界最高峰のレースのことを指すそうで、日本で行われている規模やマシンのスピードなど最高峰のレースは「スーパーフォーミュラ」と呼ばれるのだとか。

今年からマシンが新しくなり、性能があがることで更に迫力のあるレースになるそうです。

 

オカザえもんとのトークでは、オカザえもんから両選手へ「休日は何をしているのですか」「レースで運転している間は何を考えていますか」といった質問が飛び出しました。

お二人とも旅行に行って写真を撮るのが趣味だそうで、それぞれお休みの日には景色のきれいな所などにでかけて楽しむとのこと。また、レース中は指示やマシンのこと以外にも、常により良い走りができるよう、走りなれたコースでもちょっとした環境の変化など様々なことに気を配りながら、運転されているそうです。

 

当日は能楽堂の前に実際にレースで使用されたフォーミュラカーを展示し、イベント終了後にその前で中嶋両選手とオカザえもんの3ショット撮影会を行いました。

天候が心配でしたが、おかげさまでイベント開始時にはさわやかに晴れ渡り、多くの方々で賑わいました。皆様、ありがとうございました!

 

 

* 次回のオカザえもん十番勝負は、2月16日(日)に、オカザえもんのテーマソング「オカザえもん」を手掛けたロックバンド6EYESがライブを行います。奇跡の共演をお見逃しなく!

(Y.C)

オカザえもんWEBサイトへ
オカザえもんWEBサイトへ
オカザえもんブログへ
オカザえもんブログへ